HOME ご案内
リンク 掲示板
近況報告トップへ戻る

 小屋近況報告 10月15日〜16日(土〜日

 この頃は、台風や秋雨前線の影響で、関東地方だけ雨模様だ。たいした雨ではないので、わたし達には影響はさほど無いが、一般の登山者は登って来ないだろう。本格的な紅葉になるのは11月に入ってからだが、一本松上の紅葉と、堀山付近の木々が色づき始めるのも間もなくだ。小屋ではストーブに火が入り、ランプの灯が揺れる。秋の夜長、酒を酌み交わしながら、この夏に登った山に憶いをはせるのも一興である。こんなことが出来るのもこの季節だからだろうか。           
ヒゲさん&なつちゃん、加藤氏が先行して登っているらしい。雨が降ったり、晴れ間が見えたりの変わりやすい天気だ。観音茶屋の若女将と情報交換をしているところに、見晴らし茶屋の廃材をボッカしているジャッカル山田一行(労山の方々?)が下ってきた。 夜半には、屋根を叩く大きな雨音で目を覚ます。今日も雨か。外は濃いガスがたち込めている。登山者の出入りが一段落したところに、ボッカ駅伝チームの「TAKE FIVE」のご一行が来訪、メンバーの誕生会と、結婚披露会をやってくれた。ケーキ&ワインのご相伴にあずかる。大倉クラブの2人もマイペースで小屋を利用してくれた。

こんな雨の日は、登山者は少ないが、小屋に寄ってくれる人は多い。さて、来週は、予約客が10名程あるので忙しくなりそう。ただ、この日は、雲取山課外活動があり、助っ人出来ないのが心残り。申し訳ありません。        
                           カク

   


  40日ぶりのボッカ  
 10月20日(木)

傷めた腰も回復。久しぶりのボッカ。体調も良く絶好調。秋の風がここちよい。素敵な二人にも会いました。やっぱりボッカは止められない!       
                        ボッカ頼
 40日ぶりの雑事場二つに分かれる道が700m先で再び合流する。新しい案内板が取り付けられていた。
     さわやかな秋晴れ。木洩れ日の一本松
    
観音茶屋で会いました。神奈川県自然保護課の吉田さん
と秦野ビジターセンターの柳川さん。山道整備のボランテ
イアに使う道具類を大倉高原、一本松までボッカ。笑顔が
絶えない爽やかな若者でした。 素敵な出会いに感謝。
     堀山小屋すぐ下  真っ赤な マムシグサ

            雨の湘南平

        雨の後、水滴がみずみずしい
             クサギの実
            ノカンゾウ
         サラシナショウマ
ひげの大親友。◆今週の出勤者
ヒゲ・なつ・ダイ・カク(10月15日〜10月16日)

中村屋加藤(10月15日)
今週も雨が降り続き登山者がいない週末でした…日曜
朝今日は早く帰ろうと片付けをしていたら高梨さん仲村さん 続  いてテイクファイブ6名 しんがりは蓮沼さん など続々現れ大混乱になりました。テイクファイブ尾ガ瀬さん・葉子さんの入籍祝いと祥子さん誕生日祝いを兼ねケーキ入刀 おめでとうございます!
                          なつこ

 
 

 結婚おめでとう
 
尾ガ瀬さん・葉子さん、ご結婚おめでとう (左端の二人)
?回目の結婚披露はテイクファイブの仲間とボッカ駅伝で
親しくなった堀山で。末永くお幸せに!堀山一同。              
 一気にローソク消し。 祥子さん誕生日おめでとう
 
 
 
船長 
 
大倉クラブの仲村さんと高梨さん。弾ける笑顔。旺盛な行動力。船長!チェーンソーの定期点検もお願しますネ
次のアタックは厳冬期の北鎌尾根?単独行の沼さんこと蓮沼さん。酒豪、ビールがあっという間に底をつく皆の小屋です。遠慮なくまた遊びにきてくださいね
銀座でおそば屋さん経営する渡辺さん(中央)一年ぶりの堀山訪問。「一回お店に来てよ」 「そのうちネ」10年来ひげはまだ約束果たせていません。
雨なんか全然関係なし。とにかく元気な男の子達。あれが食べたい、これがほしいと大騒ぎ。ところてんをあっという間に平らげました。
 沢特訓の帰り?小草平の沢から上がって来た父娘連れ。オレンジのヘルメットが決まってます。出で立ちは未来の女性クライマーでもひげからもらったお菓子ににっこり。素顔は普通のかわいい女の子



   
       SOS  堀山は 水不足

 お願い〜台風のため堀山の水場が荒れて20gの水汲みに 30分位かかってしまいます 。小屋に来る人通る人で余った 水がある人は少しでいいので下さい。 よろしくお願いします
                         
           編集後記
小屋に遊びに来る人はいろんな思い入れがあると思う。価値観は10人10色。当然その人によって小屋の利用の仕方楽しみ方は違う。古い付き合いの方も多いし、時間のスパンは個人によって大きな差があると思う.。小屋に憩いを求めにくる人に、小屋の都合で軽々しく一面的に物を考えるのは非常に危険だ。いろんなタイプの人を温かく受け入れるのが、お父さんが作った堀山の良さだ。ひげも同じ考え方をしている。
              
                        頼  兼
近況報告トップへ戻る