HOME ご案内
リンク 掲示板
近況報告トップへ戻る

 小屋近況報告    10月29・30日(土日)


今週末も前線の影響で、関東地方は雨模様という天気予報だった雨はほとんど降らず、たまに薄日が射すような日が続いた。周辺の紅葉にはまだ早く、一般の登山者少ない。
本格的な紅葉になるのは11月に入ってからだが、一本松上の紅葉と、堀山付近の木々がほんのり色づき始めた。小屋ではストーブに火が入り、ランプの灯が揺れる。秋の夜長、酒を酌み交わしながら、この夏に登った山に憶いをはせるのも一興である。                  

小屋にはヒゲさん&カメさん、ゲストの光さんが物憂げにストーブの火を囲んでいる。日曜日は変わりやすい天気のなか、小屋の備品を持ってのんびり登る。桑野・石井両氏が清涼飲料水の荷揚げと水汲みをしてくれた。                 カク

                            

 ◆ 課外活動            11月1・2日(火水)

  塔の岳〜丹沢山〜蛭ガ岳〜塔ノ岳 
                     
  腰の状態も回復。一泊で紅葉の状態を見てきました。
  前日天候に恵まれきれいな夕焼けが撮れました。
                              
     
                            ボッカ頼

  塔ノ岳山頂      夕焼け富士      11月1日
塔ノ岳到着16時35分。日没16時40分ぎりぎりで間に合う
           妖しい夕焼け
     尊仏山荘中から窓越しに夕焼けを撮る
               塔ノ岳 山頂
      秦野市と相模湾夜景    塔ノ岳山頂より撮影
     モンスター? 宇宙人? チャンプ畠山

            独身 只今花嫁募集中


塔ノ岳年間416回の登頂記録を持つ。最高は1日4回。3年連続年間400回以上をめざす
知らない人はもぐり。大倉尾根の名物男チャンプ畠山に会う。
今日2回目の荷揚げ(40kg)、今年357回目。これから下山、大倉まで1時間かからない。明日は仕事・・・もう人間技ではない?
午後6時 尊仏山荘
でいつものチャンプポーズ
通算1597回目の登頂を記帳これから下山。風よけのレインコートを着る
尊仏山荘 小屋番若林さん穏やかでやわらかな物腰
コーヒー、お茶、荷物の預かり。細かい気配りお世話になりました。
   2日 塔ノ岳山頂日の出、 雲にはばまれる。 
           少しだけ太陽が顔を出す

今週の出勤者

ヒゲ・カメ(10月29日〜10月30日)

カク(10月30日)

            紅葉情報


 蛭ガ岳〜不動の峰 山腹はほぼ100%。丹沢〜塔ノ岳で80%、
 ブナは茶褐色に色付き全体的地味な印象。今年はナナカマド
 の色艶やか。ところどころ点在するカエデ
ツツジの赤い色
 が少ないように思えた
      今年はナナカマドの赤い実が豊富。当たり年 
           丹沢から不動の峰へ         
         不動の峰 ブナの黄葉
 
不動の峰から颯爽と下山してきた江田さん。70数歳?とても
御歳には見えません。見てください。この見事な体型、太い足。
右手に重い三脚。北アルプスなど各地の山歩いているとのこと。
しなやかな動きに圧倒されました。トレードマーク陣傘が
決まっ
ています。
         蛭ガ岳近く 鬼ガ岩から撮影
若い時は登山者を迎えてくれた蛭ガ岳の名物犬パル。
  今年8歳。すっかり太ってしまい動きが緩慢になっていた。
  おねだりパルは食べすぎ。 パル ダイエットしなくちゃ!
 
     丹沢山。2日午前中は富士も良く見えた。      
  丹沢山からの戻り、塔ノ岳近く北側の山腹80%の紅葉
 ◆  小屋近況報告     10月29・30日(土日)
  F1レーサー片山右京さんエベレスト登頂も果たす。
  見晴茶屋所属。お父さんに連れられ子供の頃から見晴らしに
  遊びに来ていた。ひげは右京のお父さんと懇意。
  現在は超多忙の身。年一回の右京を囲む会のツアーで塔ノ岳へ。

  途中堀山に寄る。人気者80名ほどの人数。さすがに若い女性、
  子供が多い
折り目正しい好青年
 
 
 
水SOS!に駆けつける 
 
 「堀山の家 水SOS!」 なっちゃんの水汲み姿にいたく    
 心配し水、ジュースを背負い駆けつけてくれた桑野さんと      
 石井さん。最近は何から何までお世話になり申し訳ありま
 せん。                       
      
             編集後記
堀山の水不足をHPや掲示板で訴えた直後から、たくさんの方
から心配して連絡をいただく。多くの方が水を運んでいただいた。
ほんとうにありがたい。小屋は皆さんに支えられていること噛み
しめている。

                      頼兼
近況報告トップへ戻る