HOME ご案内
リンク 掲示板
近況報告トップへ戻る
小屋近況報告         2月4日〜5日・(土日)
           立春
 
2月4日は立春。大寒から立春までは一年のうちで最も寒い季節。立春を過ぎると少しずつ寒さが緩み始め、春の気配が忍び寄ってくる。
今週は土曜の寒さと日曜日のうららかな暖かさを一度に
味わい立春にふさわし週末でiした。
最近チェーンソーの扱い方習得した頼兼さんが木を切り出し、金山先生、中嶋さんが運び揚げました。
ずいぶん丸太が集まったところにひげ加藤さんがタイミングよく現れ馬に乗せて適当な長さに切るという連携プレーで山のような丸太が集まりました。夕方仕事を終えホットしていたら雪が降り出しました。ストーブの周りは薪の山。皆さんのおかげで暖かい夜を過ごせました。ありごとうございます。

                       なつこ
2月4日(土)
     素敵な毎日が日曜日」 に感謝 
昨年11月9日塔ノ岳尊仏山荘で一緒に宿泊。今年1月8日同じ尊仏山荘で再会した江村さん。(左)
「大倉の馬鹿尾根は嫌いだ」とおっしゃていたので堀山ではお会いすることないかなと思っていました。
荷揚げで小屋に着くと座っておられたのでビックリ。ましてや待っていただいていたとの事。恐縮。「毎日が日曜日だから」と冗談。ユーモアと温かい人柄。悠々自適の静かな山歩き。豊かな第二の人生歩まれているのを感じます。HPを通じた出会いに感謝。糸を引いてくれた尊仏山荘の大野さんにも有難う。

                          ボッカ頼

追記 江村さん写真展示会案内次週ご案内します。
 
     
連携プレー チームワークは抜群 !

ボッカ頼・・緊張
角さん風邪と足の怪我。安心して休んでもらうため、まだ修行中の身ながら意を決し丸太の切り出しを買って出る。
危険な傾斜での切り出し。切り離しの直前、右足に重心を移す。切り落とされた丸太は谷へ転がり落ちる
怖わー
      
期待の星は重量級
 
大陽館中嶋さんがまた泊まってくれ楽しい晩がすごせました。年のはじめに新しい仲間が増え、今年は良い年になりそうです。

本家富士山須走口、山小屋大陽館で自称 「居候」。 現役のバリバリ
現在富士山はオフシーズン太い腰回りはある丸太を軽々と担ぎ揚げる。強力重戦車の趣。おおらかな人柄と存在感堀山に待望の大型新人現る


ゼントル金山久し振りです
今週は指導しているテニス部がついに優勝。公私ともに忙しい中、金山先生が久し振りに元気な姿見せてくれました
小屋の問題点すぐに気がつき、率先してなんでもこなす先生。先生が加入すると小屋が動き出します。


大倉尾根の助人 ひげ加藤
本籍見晴小屋。 花立〜堀山〜見晴を又にかけ突然現れ、身を粉にして働く。今日もタイミングよく登場。大量の丸太を輪切りに仕事が終わると夕方見晴茶屋へ。カッコいいー。「大倉尾根は一つ。ファミリーだから」。修行僧の境地。ほんとうに感謝しています
作業は快調 スピードアップ
ひげ加藤が加わり丸太切りも急ピッチ。流れ作業
堀山シフトを敷く
         なっちゃんも大忙し
 すごいスピードで次々と丸太が切られる。なっちゃんも
 応援。 スタミナには定評があります。 「私に任せて!」
必殺の一太刀
見てください。見事な下半身。圧倒的なパワー。太い丸太が一発で真っ二つに。
見事な切り口。均一の大きさ。いずれも一振りで割られた
ことが分る。プロの技
作業後の整理も見事
 近週の出勤者

ヒゲ・なつこ(2月4日〜5日) 
ゼントル金山、中嶋(2月4日〜5日)
ひげ加藤、(2月4日)
ボッカ
頼(2月4日)
          2月5日(日)


小屋はついにマイナス8度を記録
 
 
 冬型の気圧配置が強まり、全国的に北風が強く寒さが
厳しい
。                

                         朝6時30分


        戸が閉まらず大変
堀山の家はおんぼろ小屋で裏の戸がバタ々してすきま風が入り、トイレのドアは落ちていました。久ぶりに来た金山先生が見るにみかねて直してくれました。初め見ていた中嶋さんも応援に入り手伝ってくれました。日曜大工の特技を持ち、おっつけ仕事といいながらりっぱなドアを完成してくれました。これで登山者にも安心して使ってもらえます。ありがとう
                         
 なつこ    
   内張りを強化。柱も補強。新たに付け直す。
3人タッグで修復作業も急ピッチ
中嶋さん。おっつけ仕事?とんでもない。りっぱな技術   
お持ちです
実践に鍛えられ日曜大工の域を出る。   
修復完了          
登山者の皆様 安心してご使用下さい。
 雨どいに溜まった落ち葉を落とす
          ほんとは寒がり ももこ   
大胆不敵。丹沢主脈経験なしで雪の天狗岳にアタック。
登頂してしまったももこさん。実はとっても寒がり。私事も
忙しく山歩きの病気はちょっとお休み。先日は上映館探し
ていただきありがとうございました。「おとこたちの大和」
久しぶりに涙しました。軍曹は観てくれたかな?
今日は角さんに会えず残念。

ダンモの足達です


           

新しい職場にも慣れ、実力発揮。最近は土日にもよく顔を出して
くれるようになったイエテイ足達
水彩画、詩吟だけでなくモダン
ジャズにも関心を示す。知的好奇心旺盛。とどまるところを知らず。
ダンモに興じる足達。想像するだけで楽しそう。火付け役のひげ
責任重大?おでんを肴に好きなお酒を楽しむ。
今日は何故かさびしげ。皆さん理由はお分りですよね?

早朝はマイナス8度。日が昇ると一転春のようなおだやかな
日和になりました。ストーブの傍で談笑。おでんの味も格別。
頭にタオル巻いた中村さん初登場。よろしく
お願いします
ニューファッションで決めた林さん今日は一人。おとなしくしていました。蓮沼さん(右)お久しぶり。先日の大倉食堂以来なかなかお会いできませんね。ボッカ頼
前回HP 「何だろう?」 アンソニー小野里の疑問
           答   ファミリー
 「 この世界に暮らす人間はみな家族と思います。
 人間には暖かい愛情に満ちたつながりが不可欠です 
                1994年10月 中岡慎太郎 作
情報提供 秦野市市民活動推進室 小清水氏
編集後記
渋沢駅前にある家族の彫刻。地域の中に溶け込んで、すさんだ心を慰め、温かい心が伝わってきます。我々が堀山の家に感じるものと同じだ
                  頼兼
近況報告トップへ戻る