HOME ご案内
リンク 掲示板
近況報告トップへ戻る
        さようならお父さん
 木曜の昼過ぎ堀山のお母さんからお父さんが亡く
 なったと連絡があり、週末は山に行くのがおっくうに
 なりました。でも行ってよかった。山道を歩いていると、
 知らない間に何も考えず、又知らない間にいろんな
 ことを考える。私にとって必要な時間なのだなあと
 こういう時にこそ思えた。
 日曜日に小屋を閉め最初のカーブを曲がる時、
 つい何年か前まではふり返るとお父さんがいつも
 大きく手を振ってくれていたことを思い出し、ふり返っ
 てみた。もうお父さんは死んだんだと実感した。
 おとうさんんが亡くなり、慌しく日が過ぎていき1週間
 前のことが遠い昔のような感じます。お葬式にはあふ
 れるほどの人が来てお父さんの人望の厚さを改めて
 実感しました。
      「他人が自分の扉を開いてくれる」
 お父さんがよく言っていた「他人が自分の扉を開いてく
 れる」という言葉通り、お父さんのおかげで私の多くの
 扉が開きました。当たり前の言葉しかでてこないけれど
 本当に長い間ありがとうございました。

                     なつこ
お父さんの葬儀  
通夜  

 4月6日、逝去された「堀山の家」主・高橋仁美さん
  の通夜が10日、江東区北砂の「三愛会館」でしめ
  やかに執り行なわれました。午後6時からの焼香
  にも関わらず、故人の会社関係の旧友やご子息の
  会社関係の方々をはじめ、「やませみ」同人誌の
  お仲間、あるかむ会の山仲間、ITTO会、そして、
  丹沢「堀山の家」関係の山 仲間が早々と参列いた
  しました。
 祭壇の棺には、安らかに眠るが如くやさ
  しい表情をした仁美さんがおり、最後のお別れに
  立つ参列者の涙を誘っていました。

  精進おとしの席では、故人との想い出話などが聞
  かれ、しめやかな中にも、明るい宴となりました。


                            カク

告別式 
三愛会館 東京都江東区北
4月11日 11時から告別式
200名を超える方が参列されました
山仲間が小屋に駆けつける
    お父さんの訃報聞き小屋を訪れてくれました。
 
  山小屋組合 副会長
    駒止茶屋オーナー高橋修二さん
   駒止茶屋 大番頭 バードこと羽鳥さん
    お父さんのいない

          大倉尾根登山道入口
            ハナモモ
今年もアカメモチが色づき始める
         
           
    お父さんの追悼特集号を計画をしています
    時期が来ましたらご案内致します  
 今週の出勤者
4月7日〜4月9日  ひげ  亀
4月8日〜4月9日  なつ 中嶋
4月8日       角 小野里 林
4月9日       
小屋近況報告     4月8日〜9日(土日)
土曜日       

 ◇ 土曜日は天気予報で午後に崩れるとあったため皆早出
   で行動していました。
小屋につくと亀さんがひとりで薪を
   作ってくれていました。
年齢だけを見ていると決して若く
   ないのにくるくると動き小屋をきりもりしてくれています。・

 ◇ 雨の中林さん、角さん、小野里さんが来ました。高尾に
    行ってるとばかり思っていましたのでびっくりしました。
    
角さんが葬儀場の案内を作って持ってきてくれいろんな
    人から尋ねられた時
助かりました。来週のバーベキュー
    の準備のためのボッカをしてくれたのです。
雨は3人が
    来たときだけ本降りでしたが、着いたとたんに晴れ上がり

    やはり嵐を呼ぶ男なのだなあと感心させられました。

  鍋割山荘草野さんの奥さん遊びに来ました 明るい人柄
  で小屋にいた人は皆その魅力に引込まれていきました
 ◇ 今晩は私達3人で静かだねと言っていた所に中嶋さん
    が来ました。
 
              日曜日 

 ◇ ひげの携帯がパンクして誰からも連絡がつかない状態
    になっていました。
携帯は私達の生活に深く根をおろし
    ているのを実感しました。
 

 


 シジュウカラ
 
   小屋に迷い込んだシジュウカラ。やさしい亀さん
   すぐに放してやる

   ゆずの木のママ久しぶりに来ました。藤沢の駅前で
   和風の飲み屋さんをしています

  畠山さん友人2人が差し入れワインを持って来て
  くれました
。  
   花立山荘常連ぺこちゃん足ならしに友達を連れ遊びに
    きました〜三ヶ月ぶり だったそうです
     
 一本松でお会いしました 
 
     一本松休憩場でご一緒しました。 飯田さん
     桑野さんのお知り合いと知りびっくり。体のことを
     考え
本格的に歩き始めようとしているとの事
    健康、ダイエットに山歩きは最適。ボッカ頼と
     意気統合。盛り上がる
   足達、高田ペアに見晴茶屋で会いました。「今日は
   堀山に行けない。ひげさんに言っといて 」 義理固い
   足達さん。お父さんの葬儀にも来てくれました。
  いつまでも悲しんでいられない来週は山開き。20名近い
   宿泊者。 なっちゃん布団の準備に大忙し
  ◇ 今週は先週の疲れからか小屋は静かな週末でした
     が来週は山開きのせいか登山者増えてきました

           編集後記   
ひげからお父さんが亡くなったと連絡が入る。お父さんと
一緒にやった荷揚げの思い出が走馬灯のように駆け巡る。
その後猛烈な脱力感が襲ってきた。
無理やり荷揚げに堀山に行く。身体は何もなっかたように
反応。「 ほら、大丈夫だよ 」 お父さんの声が聞え、
笑顔がまぶたに浮かぶ。「お父さん、お世話になりました」
涙が止め処なく溢れ出る
。.
                    頼兼
近況報告トップへ戻る