HOME ご案内
リンク 掲示板
近況報告トップへ戻る
課外活動
9月9・10日(土日)  
堀山の家」課外活動の一環で、富士山に行ってきた。あんなに賑わいをみせていた富士山登山道も9月に入ると静けさを取り戻す。道端に咲く高山植物も色が褪せ、開業している小屋も2軒のみ。 素晴らしい晴天に恵まれ、ご来光、雲海を見ながら登り、お鉢巡りのオマケ付きで360度の大展望を堪能。次回の富士登山は新雪の時かな?

(PS:駅でジェントル金山氏と遭遇、彼との約束事で、お互いに「マイペースで登ろう」ということを決め、ほとんど単独行気分で歩く。だからと言って、2人は仲良しです。)
                          カク
                     

 

             御来光
         富士山頂の測候所です
        堀山の家ビール
  

HP上のコンペでデザイン決定 
           ついに登場 新ラベル
          
          ピカピカの一年生
山の家での自家製ビール造りも早約1年半経過。
初代の「たる」はまもなく寿命。余生は、ただの「水桶」
として、堀山の家の片隅で過ごします


                    ジャッカル山田
 古い樽での最後の自家製ビール。 限定26本
 飲み頃は9月30日頃から。 お見逃し無く
見晴茶屋
       
      テラスからの夜景
 見事な夜景。    荷揚げの帰りしばし見とれる
           見晴茶屋の皆さん
 素晴らしい夜景を前に楽しい食事。 ご馳走様でした

                  ボッカ頼
         
        パニック
                         9月9日
            父娘二人
     午後7時頃  塔ノ岳からの帰り 
             
       突然 リチウム電気が切れる
          突然の真っ暗闇
       暗闘の中 携帯電話の明かりを
       頼りに必死で下山!
    
         娘よ あれが堀山の灯だ
       
     午後7時30分  やっと堀山の家へ到着
       恐怖と疲れ。軽いパニック状態
       小屋で少し休んでもらう。
 恵子ちゃん。 ひげにもらった花火でやっと元気になりました。
   すっかり元気回復。 堀山の家でランプを提供。 
              無事に下山
     ◆小屋近況報告    9月9・10日(土日)
      曇天。 厚い雲の切間から陽の光が   

                          富士見平にて

  九月になったというのに蒸し風呂のような暑さでした。 
  登っている時はもちろん小屋にいても汗だくでした。

 

   今週は表尾根から来る人が多く見られました。


                        なつこ

臼井さんが一年ぶりにきました。ご両親の介護の息抜きに
お父さんに会いに来たのですが春に亡くなった事を聞き
驚いていました
           
 
プロの山のガイド
  見晴所属 山内さん。 プロの山のガイド。
  腕利きのプロのデザイナー
。 
  笑顔を絶やさないおおらかな人柄

 山内さんが仲間5人を連れて来ました。その中に尚子さんが
 久しぶりにいました。お父さんお母さんと親交があったので
 とてもがっかりしていました

素敵なご夫婦
     観音茶屋の素敵なご夫婦堀山の面々
      行き帰りいつもお世話になっています。
石上さんが来週の山登りのためのトレーニングできました     
  加藤さんが塔の岳までトレーニングで行ってきましたが
  あまりの暑さに参ったといっていました。
 丹沢をくまなく踏破した近ちゃん(右)。久しぶり堀山訪問
 次の目標はボッカ頼の引率?

 白井さんも表尾根と丹沢山を歩きやってきました。
 初心に帰り 自炊をしながらきたそうです。
 暑い中お疲れ様でした。

            下りボッカも
 ひげ加藤さんがペットボトル荷揚げしてくれました。
 ありがとうございます。
          若手見習い士官
小屋の将来を担う若手のスタッフ養成が課題。
間違って小屋にかかわりそうな? 八木君。
今回父娘の写真撮影してくれました。合格です
 今週の出勤者
9月9日〜10日   ひげ なつ  亀  八木
             
 9月10日      、中村屋加藤 
          
 荷揚げ
 9月9日    
          編集後記
山歩きに不測の事態はつきもの。私自身も荷揚げの帰り、
夜ランプを手から落とし、接触不良で明かりが点かなくなり、
真っ暗な中をえらい苦労して下山したことがあります。
転ばぬ先の杖。必ずランプのスペア、予備の電池を用意する必要がある
                    頼兼
近況報告トップへ戻る