HOME ご案内
リンク 掲示板
近況報告トップへ戻る
課外活動       
                        9月12日(火)
 ブリキのおもちゃ館に行くために横浜の代表的
 観光スポット
、異国情緒豊かな港の見える丘公園」
 に行きました
           
   アクセス
JR石川町駅で下車。横浜方面に向かって一番後の車両
から降りると便利。 階段を降りると改札に下記の表示。 
駅を出たら、すぐ右に、そのまま歩いて行くと
元町通り、元町商店街に入っていく。約10分ほど歩き
元町プラザで右折、外人墓地を右に見て坂を登って行く
周辺案内図
   歩いて5分 ブリキのおもちゃ館の周りは
            「観光名所が一杯

         緒に ご覧になってはいかが?
 横浜の中で一番横浜らしい山手。ブリキのおもちゃ館
から歩いて5分以内に素敵な観光スポットが沢山ある 
             外人墓地
日本の近代化に貢献した外国人たちが元町にほど近い山手の丘に眠っている。
1854年に事故死したペリーのウイリアムズ水兵を埋葬したことからはじまり、有名な生麦事件のリチャードソン、鉄道事業の祖エドモンド・モレルなど工業分野から絵画・学校などの文化面にもわたって活躍した40を越える国の4000を越える人々が眠っています。

いかなる運命か?異国で眠りについた人々に思いをはせる。
最近は運営資金集めのため、夏場などの休日昼間に一部を公開している。そういう日に当たれば、\200〜300 の募金で中を散策することが出来るそうだ。
            
            港の見える丘公園
            
港の見える丘公園のあるこの丘は、幕末から明治初期、極東の島国日本で覇権を争っていたフランス軍とイギリス軍が駐屯していた。その後フランス領事館、イギリス総領事公邸が建設された。現在フランス総領事館跡はフランス山区と呼び、イギリス総領事公邸は横浜市が買収し、横浜市イギリス館として市民に利用されている。
写真奥のレンガ色の建物は大佛次郎記念館
               イギリス館
 一般公開され、コンサートホールや会議室としても
 利用されている
           
              大佛次郎記念館
横浜生まれの文豪、小説「鞍馬天狗」で有名な大佛次郎
自筆の原稿や初版本の他、晩年の書斎も再現
          猫が お好きな方へ
大佛次郎は、生涯に500匹以上の猫と暮らした愛猫家。猫は「生活になくてはならない優しい伴侶」であり、その中から猫にまつわる数々のエッセイや珠玉の童話が生まれた。これら作品は、自らを語ることが少なかった大佛次郎の人となりを伝えて読者を魅了する。登場する人々はもちろんのこと、たくさんの猫たちすべてが生き生きと動き出し、大佛次郎と猫の世界に思わず引き込まれる。
          港の見える丘公園
   ベイブリッジや 横浜港の夜景が素晴らしい。
  横浜を代表するデイトスポット。恋人達の時間
  撮影は早々に切り上げまし
            現代の浜のシンボル
      マリンタワーとみなとみらいの夜景
           クリスマストイズ
ブリキ博物館のすぐ隣りは、一年中クリスマス玩具
雑貨を扱っている素敵なかわいいお店がある
ありとあらゆるクリスマスグッズが揃っている
見ていてとても楽しい古典的なサンタクロース人形や
オーナメントも素晴らしいがミッキーなどのポップな
飾り付けも素晴らしい
      お隣のオリバーには負けないよ
 こちらクリスマストイズの T・J 君。 お客様が入ってくるとしっぽを振ってお出迎え。
          猫の美術館 
      今回猫の美術館の下見に訪れました。
昨年移転。現在はエリスマン邸とベーリック・ホールの間の道を
入って2〜3分歩くと左側にある。 民家を改造。 
注意しないと通り過ぎる
        坪山さん ありがとうございました。
昨年場所を移転して、閉店時間も午後6時になっているのを
知らずに場所を探して午後6時30分頃到着。あきらめて外の
写真を撮っていたら 「どちらから、いらしたんですか?」
 と声をかけていただき、「平塚から山小屋のHPで紹介するために
来ました」といったら。「それはそれは大変でしたね。よかったら
どうぞ見ていってください 」と親切に中に入れていただいた。
横浜出身で「若いときは丹沢に良く登り、皆で競争で塔ノ岳から
大倉尾根を45分で駆け下りてきました」と懐かしそうにお話
してくれました。
藤田嗣治画伯のフランスでの修行時代描いたエッチング
などを説明していただた。20分ほどで失礼する。
親切な応対に感激。 再訪してじっくり見学する積もりだ。

オーナーの坪山さん。閉店後に訪れた私を親切に館内
に入れていただき大感謝
とってもアットホームな雰囲気
でした。
        びっくり! 影も絵に
   陰影を計算。 影も猫の絵になっている
   
            編集後記
港の見える丘公園の歴史的な背景が分かりやすく表示されていた。
江戸末期から明治初期の関連の本を読み直してみたくなった
バラの季節5月も素晴らしそうだ。
山小屋とは対極の世界。 でもそれぞれ求めているものは
何か同じような気がする。生きていくうえでの感動と連帯

                          頼 兼
   懐かしさが一杯! 
        ブリキのおもちゃ博物館
世界的な玩具コレクター北原照久氏の個人コレクションから
約3千点常設展示
1890年代〜1960年代に作られたブリキ玩具
車  ロボット 人物もの からくりもの玩具がレトロな
不思議な魅力をかもしだす。
         一歩入るとおとぎの世界
               
現代のプラスチック玩具にない手造りのぬくもり。、
子供時代への郷愁
一気にタイムスリップ
それぞれの人形の顔が個性豊か。温かい温もり。
外国の人形も多数。 ものめずらしい衣装や生活習慣
まだ見ぬ異国。 楽しい夢の世界にいざなう。
 ポパイのように強くなりたいと、きらいなほうれん草
 を無理やり食べた頃が懐かしい。
           お客様 第一
     お店入り口で待機。愛嬌をふりまく
      人気者オリバー君記念撮影でひっぱりだこ。
 「 オリバー君 起きて! お客様よ
     「 疲れた ちょっと横になりたい 」
             動物人形
    彼らは家族だった。 動物への慈しみが養われる
      いつの時代も猫は主役
   片時も手放さなかった。寝るときはいつも一緒
         宇宙への夢 ロボット
ロボット玩具は人気が高くマニアが多数おとずれるとのこと
  人類が宇宙を目指し始めた1950年代から登場。
      時代によって少しずつ変化
ブリキのおもちゃも時代により変化。戦前の素朴な玩具
戦後すぐの占領下時代は戦争の色彩を残している。
1960年以降はデザインもアイデアも幅ひろくバラエテイに
富んだものが登場してくる
         車は男の子の定番
        垂涎の的 クラッシックカー
 膨大な数。これもほんの一部。どこからお金出てくるんだろ?
 通称アメ車 豊かなアメリカの象徴。 全盛期の
アメリカ青春映画がオーバーラップ。
          オートバイ
 響きわたる爆音。新装なったアスファルト道路の町並みを
 駆け抜ける。カッコ良かったなあ!
        当時の色調や風俗が懐かしい
 
   勇ましい消防士を乗せ現場に急行。消防自動車
自分が飛行機に乗れるようになるなんて、想像も出来なかった
喉から手が出そうなほどの逸品ばかり。
もちろん一台もなく、手作りの模型飛行機で遊んでいた
 「何故か憧れのハワイ航路」の歌がイメージに。 古い!      
     子供時代はダイヤモンド級の貴重品
    突然、子供の頃読んだ童話を思い出す
欲しかったけれど一台も買ってもらえなかった電車
指折り数えて待った発売日。 学校に持ち込み隠れて回し読み
     血沸き肉踊る 思い出が鮮やかに甦る
          ご配慮感謝します
ブリキのおもちゃ博物館の取材に心よく協力していただいた
TOYS CLUBの古谷嘉章店長、従業員の皆様ほんとうに
ありがとうございました。とても懐かしく、楽しい時間でした。
山の仲間達がお邪魔するかもしれません。
その時はよろしくお願いします
堀山の家HP担当  頼兼(よりかね)
近況報告トップへ戻る