堀山の家近況報告 2007年01月13日

 

ありし日のおとうさんと

ジャッカルも恐かった!

お父さんとジャッカル

8年くらい前「新かながわ」という週刊新聞に「山小屋交遊録丹沢編」というコラムを書いていました。
大友竜さんの紹介で堀山の家に取材に行ったのです。
そのころは、小屋を外から拝見すると、怖そうなところだったので交遊もできずで、コラムにするのはやめました。
「酒飲みがたむろしている近づきがたいところ」、今もある意味当たっていますね。
                             
                             ジャッカル

            伝説の対決

ルモンド紙 大友
    お父さんとル・モンド紙記者 大友さん(右)


堀山の家妖怪列伝に連なる一人。少ない口数、鋭い舌鋒。
本質の素早い把握。こよなく酒を愛す。
数ヵ国語を操り、「それ英語で何と言うの?」 みんなを煙にまく。美女を連れ歩き、皆から羨望のまなざし?
大倉屋食堂での石川先生との伝説の対決。他、数々の武勇伝を残す。

    
   
              
行き倒れ?

5年ほど前の春のある日、日暮れ間近。荷揚げの途中、駒止茶屋の階段で仰向けに倒れている男発見!
スワ行き倒れ?エライコッチャ。脳卒中では?駆けつると、泥酔して大いびき。いくら声をかけても起きず。策に窮し、小屋に通報。  
「ほっとけ、いつものことだから」 小屋にいたお父さん達は高笑い。「酔いが醒めたら一人で帰るよ」 行き倒れ?が大友さんだったんです。   ちなみに、荷揚げの帰りにはすでに姿はなし。のどかで、とにかくスケールの大きな御仁でした。
                            ボッカ頼




             倒木の処理 

倒木処理



あっしには係わり合いござんせん


丹沢の木枯らし紋次郎

倒木蓮沼

はにかみや。外見とは裏腹に心優しい蓮沼さん。

一匹狼。単独行。ぶっきらぼうな言動。酒は底なし。
楊枝ならぬ、いつもザックにノコギリをしのばせる。倒木が登山道を塞ぐと直ちに、愛刀(ノコギリ)で一刀両断。 登山道を確保。黙って去る。人呼んで丹沢の木枯らし紋次郎。
最近はケンカの仲裁も。以前は仲裁される常習者だったのに。酒も押さえ、「ひげ」もビックリするほどの大変身。




           夕暮れの荷揚げ

                             1月25日 

ストック小屋出発は、15時30分。荷は食材と「富士の間」に使用予定のちゃぶ台と足。

雑事場

逆光が眩しい。 冬とは思えない暖かさ。

                   16時10分 雑事場

夕暮れ表尾根ボッカ 頼

表尾根ニノ塔がかすかに見える。まもなく日没。 
気温は一気に下がってくる。 沢からの冷たい風。
手がかじかみ軍手を着用。
    16時45分  富士見平


                              ボッカ頼


             憩いのひと時

                       チャンプ畠山。

チャンプ今日の荷揚げは終了。大倉屋で好きなラーメンに舌つづみ。明日は嬉しい仕事休み。自然と笑顔がこぼれる。

                     1月25日 午後2時

            深夜の荷揚げ

職場は24時間 3交代制。シフトの関係で仕事終了後、
深夜に荷揚げをすることも多い。
 深夜の荷揚げのお供は、ラジオの深夜放送。 とにかく歌謡曲が大好き。
      午前 3時から NHK 「ラジオ深夜便」
          4時から「ラジオ日本 「ほのぼの歌謡曲」
          5時10分から「宮本武蔵」



            ひげ散策

  
最近ひげは健康の為、平日出来るだけ歩くようにしている。
カメラ片手に平塚周辺の散策。今日は神奈川新聞にも
取り上げられた二宮の吾妻山に行ってきました。菜の花が満開で、海が見えるとてもよい場所です。

         吾妻山  菜の花満喫
                          
二宮
             吾妻山 頂上 
                      1月15日 14時43分

菜の花ひげ

吾妻山

相模湾を見下ろす二宮の吾妻山


       (曽我別所) 梅林     
        
 
曽我梅林
   ついに開花。 見ごろは2月中旬

                 1月23日 12時03分

                          撮影 ひげ



青ヶ岳山荘一泊 〜 蛭が岳 〜 堀山の家

                           1月20日21日


新年会おつかれさまでした。私も青が岳で、散々否定の嵐に合いみんなストレスを私にぶちまけているんだと開き直り笑顔(^- ^) つまりからかわれっぱなしでした
富山からは5名同宿。強豪揃いに化け物と思いました。(堀山は妖怪ですが・・どちらがすごいとは言えません)




              
小屋ランプ

青が岳山荘 ランプ踏み踏み

ランプのきれいな形と色に思わず撮影してしまいましたが、
カメラおじさんたちが勢揃いのためウンチクを多重放送で
聞いた感じ。(ありがたきことかな・・・?)何枚も撮り、これが一番落ち着いた雰囲気に撮れたような気がします。

           縦走 ・・・筋肉痛

ピストンのつもりがメンバーのドタキャンで単独になり、大倉まで縦走しました。霧氷がきれいで蛭が岳までは誰とも会わず本来の歩きができましたが何しろアップダウンの激しい縦走路。さすがの私でも筋肉痛でした。

             霧氷 
 
霧氷蛭が岳手前のミカゲ沢の頭です。きれいな霧氷が続いていました。

            踏み踏み宅急便

堀山の家へ差し入れの大五郎(2.7リットル+4合ビン焼酎)を持たされ重かったですが、青ヶ岳小屋番「とんぼさん」の代行で焼酎届けたので、責任は果たせました。みやま山荘、尊仏山荘で持参した品を見せびらかしました。・・・(こういうのがミーハーなのかな)
                        踏み踏み


 

小屋近況報告 1月13日〜14日

 岡崎さんとお仲間

素敵なご主人と仲間達。笑顔の理由がよく解かりました。

いつもは鹿又さんとのコンビですが、今回は違うメンバーです。
ヤビツ峠からお昼過ぎに着きました。

岡崎さんと仲間達
左から 岡崎夫妻、  古屋夫妻、      木村さん

関さん(大陽館オーナー)元気になりました

元気になった関さん

関さん(右)は毎週のように登って来るので、健康が回復したそうです。いつもたくさんの差し入れを持参してくれます。

                                                                                                 1月14日
    
     お土産ありがとう

斉藤さん今年初めての堀山
 
   ひげ 踏み ひげ加藤 白井 きよみ 足達

踏みさんが久しぶりに来ました。いつもたくさんお土産をありがとうございます。
いろいろな山を登り充実しているみたいです。

 

白井さんが丹沢山を目指し、立ち寄ってくれました。

足達さん、きよみさん、ひげ加藤さんがお年始に来てくれました。カクさんと一緒に水汲みに行ってくれました。   

                              1月14日

         ユイ(yui)さんの仲間

武

武良さんが遊びに来てくれました。実はユイ(yui)さんの仲間だったことを知り驚きました。

                       1月14日

 

小屋近況報告 1月20日〜21日

 

    120                                                                   

 

朝9時過ぎに小屋に着いたときが、この日一番の寒さでした。手の指の関節が痛くなりました。その後、雪がちらつきだしました。夕方雪が止むと小屋の西側に雲海が広がりました。


            雲海

小屋前雲海

          小屋前  1月20日 16時21分





    名称は  富士の間

フジ中さんは朝一番に来て作業をしています。おかげで一ヵ月あまりで部屋が完成しました。来週はお祝いです。新しい部屋用のテーブルをプレゼントしてくれました。

マスター(ビバ!)からテーブルクロスをいただきました。赤いチェック模様が小屋を明るくしてくれます。 

フジ中さんが新年会に間に合うように作業をすすめ夕方スキヤキパーティーが始まるまでに終わりました。お疲れ様でした。
堀山の家に近代化の波が打ち寄せました。

                              なつこ


 新年会

 

新年会はジィが手配した肉でスキヤキでした。おいしいのでアッという間に終わってしまいました。

司会

 

司会はお決まりの殿の独壇場。自己紹介を二回もしてしまいました。

 


     スキヤキパーティーのクライマックス



二次会は新しい部屋「富士の間」へ、白い壁とオレンジ色のストーブの灯りがみんなの気持ちを暖かくしてくれました。

 

視線は二人に集中富士の間

富士の間何でも乾杯

 

主役はアハハの柳田でした。アハハと笑う声は防音壁を突き抜け、新年の明るい気分をつくってくれました。

 

幸せな二人

      アハハの柳田とエコの2ショット

また集まりましょう

    パーティー参加者と下山前に記念撮影



          敬礼!

軍曹と副長がきました。副長は一年ぶり、元気そうでよかった。

 

軍曹と副長

                                                       1月21日

 

女将とタンナルが来ました。タンナルは出張で新年会に参加できず残念がっていました。

踏みが太田さんと青ヶ岳から縦走してきました。霧氷の中を歩いてきたそうです

 

 

 

 

        山小屋組合新年会

 

山小屋組合新年会

新年恒例の、表丹沢・山小屋組合の会合が1月29日、箱根で開催されました。参加者は小屋の責任者14名。議題は表丹沢をメインにした山関係のテーマでした。
まず、@あるエリアでの鹿撃ちが解禁になったこと。A西山林道・二俣から後沢乗越までの登山道が、3月1日から8月末日まで、間伐・索道作業があり、通行止め(一般登山者)になること。Bヒル対策、登山道の整備や環境作り、Cその他。
催事確認として、4月の山開き、6月のボッカ駅伝の協力体制に加え、一般登山者への啓蒙活動などが話題に上がりました。

                                カク

 村上組合長楽しい語らい
 山小屋組合 組合長の村上さん

昭和37年11月山小屋組合設立。 

平成5年に組合長に就任。人の話をそらさない温厚な人柄。心臓病を克服。煩雑な組合業務を黙々とこなし、組合仲間からの信頼は厚い。
営業と環境保護の狭間、気苦労は絶えないようだ。
            

 

■  編集後記

HPの第2回配信を2月8日に行ないました。
2回目の配信内容は、1月13〜14日(土〜日)の様子、
20〜21日「新年会」と、その他の記事で構成いたしました。開催時期と報告時期のズレがあり、多少解かりづらいことがありますが、新HPは、基本的に2週間に1回配信スタイルをとっていますので、ご理解頂きたいと思います。

編集スタッフが制作作業に慣れてきた段階で、配信も週1回に戻したいと思います。
週1配信に戻せば、先週の堀山の家の様子がタイムリーに配信でき、タイムラグが無くなり、理解度も高まると思いますが、もうしばらくお時間を頂きたいと存じます。
なお、第3回配信予定は、2月22日(木)に向けて、鋭意制作に邁進いたします。概略の内容は、1月27〜28日の様子と、2月の課外活動報告、その他を考えております。皆様からの情報もお待ちしています。ご協力をお願いいたします。

                                                               カク