堀山の家 小屋近況報告
2008年
       02月23日(土)〜24日(日


                
 23(土

            

土曜日朝は春の陽気で暑くて半袖で登りました。
午後になると北風が強まり、夜は台風並みの風で
小屋が飛んでいきそうでした。
                                                             

                            なつこ

                春一番 ?

   立春から春分の日の間に 日本海で低気圧が発達し、
   初めて南寄りの 強い風(8メートル以上)が吹き気温が上昇する現象。 
     春一番そのものは過去人命を奪うなど多数の災害を起こしている、
   台風なみの嵐

   春一番は暖かい強風である理由日本海で発達した低気圧に向かって
                吹き込む南よりの強風は太平洋上の
                暖かい空気です
 

S-WEATHERMAP00_20080223[1].JPG - 43,340BYTES

春一番の由来1859年(安政6)2月13日,五島列島沖に出漁した
        壱岐郷ノ浦の漁師53人が強い突風にあって遭難
          してから,郷ノ浦の漁師の間で春の初めの強い南風を
          春一または春一番と呼ぶようになったのが始まりで,
        1950年代後半よりマスコミで使用され一般化した
            (気象の事典,平凡社,より)。

    春一番」が吹いた次の日は、決まって真冬に逆戻りするという

            年により「春ニ番」「春三番」もある

                     
       
ブログはじめました

S-HOSEIP1030717.JPG - 27,279BYTES

田村先生が久しぶりにきました。今年は一ヶ月に一度
は必ず山に登るということで2月は丹沢山へ登りました。最近はブログをはじめたそうです。                                         なつこ

駒止めの常連だった田村先生。以前は肝だめしと称し、子供達を夜 駒止茶屋から堀山まで往復させたユニークな先生。今は父兄がうるさく、こういったことが出来なくなったと嘆く。
                           
S-P1030719.JPG - 39,275BYTES

     田村       ひげ       山内

山内さんは塔の常連さんで、よく寄ってビールを飲んで
くれます。


     
   ダイヤモンド見れたかな?
    
S-KAKUDAIP1030720.JPG - 42,021BYTES
  フジ中    ひげ  かずえちゃん   石口さん
                    
石口さん親子がきました。フジ中の会社の人。
 「ダイヤモンド富士」見に塔ノ岳へ行きました。

  
語呂合わせ 

   塔ノ岳から見る

  
2月23日は フジサンの日?


S-DSCF2217.JPG - 4,488BYTES

平成14年2月21日撮影 参考

塔ノ岳から日没の富士山を見る


     ボッカ頼


               24(日)

                     朝日

気温マイナス7度で空気が澄んでいました。この後富士山の上に月が落ちましたが
デジカメでは撮れませんでした 
  
                                              なつこ

S-P1030723.JPG - 74,751BYTESS-P1030722.JPG - 92,350BYTES
       日の出    AM 6:30          月がまもなく・・・  AM  6:31  
  
                                        いずれも小屋前  フジ中撮影

    
        「春一番」が吹いた次の日は真冬に逆戻り?        
                         朝7時なんと 小屋は−7℃                               S-P1030528.JPG - 34,635BYTES 朝起きると小屋の中の水はすべて凍りついていました

             

       疾風のごとく

S-P1030725.JPG - 54,595BYTES

 「なっちゃん」 川村さん今日も元気に
 塔ノ岳へ走って行きました。





  山小屋「堀山の家」の食事に注目!

       豊かな食事

        
片岡さんからいただいた(小田原産でない
沼津のアジなんとおいしかったことか!

青森産の高級ニンニク持参。アル斉藤直伝、
なっちゃんが作ったた
ニンニク
味噌

熱いご飯にまぶして食べると最高!

いろんな方からいただいたり、持ち寄ったり
心のこもった手作り料理が朝の食卓を
やかに!


  

    確かな手ごたえ


S-P1030726.JPG - 51,016BYTES

関さん雪がなくなり足取り軽く降りていきました
昨年と比べると別人のように元気に。
顔色もいい。身体に自信がみなぎる!
地道な健康管理の成果。


       寒い・・・

           
S-P1030727.JPG - 42,596BYTES

 関さん アル斉藤  ひげ 若殿    片岡
  
昨晩の宿泊者。元気はよいけれど風が強く外にたっているのがつらかった。皆顔がゆがんでいます。    
                 なつこ
   

                       29日(金)
                  
                        荷揚げスケッチ      
                                                            ボッカ頼

 今から塔ですか?」
   「プロパン何キロですか?
 」         ちょっぴり春の予感
 「住まい戸田です はい 競艇の!」

S-IMGP8477.JPG - 44,453BYTESS-IMGP8533.JPG - 37,610BYTES
                                                                                                        
声をかけていただいた稲田さん。埼玉県戸田市から  夕陽に染まる表尾根。温かい!今日の荷はプロパン。 
  みえました 。                                                  小休止。 冷たいお茶がうまい。    
「市はおかげさまで競艇で潤ってます 」 
  ユーモアたっぷり。                                      駒止休憩場
                    見晴し階 段で

                                          

           
 夢のあと                  
                                      朝晩は凍結
S-IMGP8495.JPG - 38,639BYTESS-IMGP8496.JPG - 46,385BYTES
                                
あの大雪はまぼろしか? ほとんど雪融けました。    朝は霜柱が出来る。日中の暖かさで融けた後。  

                     駒止休憩場                    駒止休憩場

                      

                                                                                  

                       
 富士山シルエット  
        

S-IMGP8544.JPG - 19,091BYTESS-IMGP8554.JPG - 10,078BYTES

           小屋前        17:33            帰り道 富士見平から     17:45

                    早春譜

S-100_0021.JPG - 138,652BYTES

            鷹取山頂上部の岩場(ロック。クライミングの練習場下。

                       
 里山を歩く

24日(日)、堀山の家に欠勤届を出し、里山を歩いてきました。メンバーは、小檜グループ12名、
奥多摩グループ、堀山の家お馴染みさんグループ(カク 神田明神、小野ジイ)の総勢19名。

春一番が吹き荒れ、翌日もその余波か、かなり強風が吹き荒れましたが、尾根路は樹木を抜ける爽風でした。

コースは、
神武寺駅から神武寺境内を抜け鷹取山
へ。(若者がロッククライミングのトレーニングをしていました。)
ここから尾根伝いに迷路を六浦の街並みに下り、朝比奈団地を抜け笹山の中、十ニ所(じゅうにそう)の果樹園へ、
白梅が8分咲きというところか。
本来は鎌倉へ下る予定でしたが、街中を行列するのも違和感があり、
久木大池ルート
を歩きました。
旧池子弾薬庫跡を大きく迂回するコースでした。里山歩きとはいえ、甘く見ると大変なルートです。

                                                         カク


      おつき合いを大事に

S-100_0022.JPG - 47,014BYTES

逗子奥の久木(ひさぎ)大池のあずまや。




 

S-KAKUP1030257.JPG - 16,492BYTES
カク

芦川グループは「雲取山を愛する会」を提唱する芦川さんを中心に、毎年2回、(芦川グループ年何回も登っています)友人・知人・一般の登山家を誘い、奥多摩小屋自炊小屋で懇親会を開催しています。そんな関係で、堀山の家の連中とも関連が出来、年2回の懇親会には、堀山の家からも参加するし、芦川グループも堀山の家へきてくれます。
小檜グループは、その参加グループの一組で、自然と堀山の家との親睦も出来てきました。メンバーの皆さんは大人で、温和な方ばかり。まず、争そい事はおきません。統制のとれた大人の一団です。



   堀山の家   クロスワードパズル 

        
 考案(こうあん
 石川先生  ISIKAWAP1010066.JPG - 16,044BYTES


          回 問題   (12回予定

@ A   B
          
C D    E
F    G  H 
I      



ヨコ

@ キリスト教の協会で聖歌を歌う人達

C “ 大工”堀山の家の棚 ・ストーブの縁側等作った力持で、割れないマキはない。

F スプーン、手が打てない医者が投げるもの

G 苦しいけど捨てられないもの


I カクさんの山の会。参加者の頭文字のよせ集め


    
タテ

@ 太陽館の主人・おかみさん。冬になって小屋を閉めると堀山
     にも顔を出す。
       

A 腕のこと。

B 人間がつくったみずたまり○○の鯉。

D 真相。掲示されると否定できない事柄。
E
 2階の1階。3階の2階、4階の3階 ・・・・切りがない。

H 横Iの会員。カクさんの友達。 殿や姫の子守役の男性。
    多くは年 配者。


   第3回  解答 

@ A   B
       イ     
C D   E
F  ジ G H
I  ツ    


  堀山の家の仲間達の名前は赤で表示しています

  一部の方は
ボッカ頼の「堀山の家交友録」プロフィール
   ご紹介させていただいています。ぜひご覧下さい