堀山の家 小屋近況報告
2008年
       3月29日(土)〜30日(日


                   29日(土

            
         
     登山者事故発生「堀山の家」緊急出動

S-P1120085.JPG - 176,578BYTES

                      救助用ヘリ堀山の家上空に到着      12:45

登山者事故発生

       そろそろお昼の食事をしようとした 12:00頃

 、      高崎さんが小屋へ駆け込んでくる。 「 堀山のすぐ上で登山者が倒れている 」

        小屋にいたカクさん、フジ中が現場に飛び出していく。
 
        現場は、小屋から2〜3分上の、ナガレの沢源頭の尾根登山道。
        男性の登山者が倒れていた。

       状況確認。ヘリの要請。ザイル、毛布を用意。

 秦野警察署へ緊急110番 

           ひげさんは 携帯で直ぐに秦野警察署に110番通報。  「0463 83 0110」

    過去何回もの救助活動。秦野警察署との強い信頼関係 )

          「了解。直ぐに出動する!」   
        桜井さん、三宅さん小屋にいた人達もロープや毛布を持って現場へ急行、
         近くにいた登山者の皆さんも応援。  応急処置。

        その後 ひげさんの携帯に秦野警察署から何回も電話が入る

 第一報から40分後
 
救助用ヘリコプター到着 堀山の家上空でホバリング


          場所をヘリに知らせるため、カクさんが持っていった営業用の旗を大きく振る。 

         直ぐに発見! 現場上空でホバリング。 

 レンジャー隊員が現場に降下してくる。

 
                                 
                                              
応援ありがとうございました
                           
                                     
S-P1120089.JPG - 37,978BYTESS-P1120090.JPG - 41,349BYTES
                                  Dr 青木   高崎

  事故場所の確認のため小屋上空でホバリング     小屋に連絡くれた高崎さん(中央)。
                                                                 救助に参加した方。 登山者も3名 
                                  登山者の一人は何とお医者様。 Dr青木

               残念ながら 男性の登山者はお亡くなりになりました。ご冥福をお祈り致します。



        まもなく五輪ですね

S-KAKUDAIP1120093.JPG - 32,033BYTES

在日中国人の女性お二人。右側の男性が通訳してくれました。女性お二人は 片ことの日本語を・・・・?
カップ麺とおでんを食べ、塔の岳を目指して行きました。

事故対応が終わった直後、あわただしい状況でした。
ごめんなさい。

           なかよし

S-P1120095.JPG - 30,530BYTES

        白井さんとお友達
S-P1120096.JPG - 31,227BYTES
 きよみさんが寄ってくれました。



    夕飯準備の台所 女性が3人。
   ほんとに堀山? 隔世の感    

S-P1120105.JPG - 42,816BYTES
 みっちゃん  ミケニャンニャン    はるみちゃん

はるみちゃんは今日は一人できました。
 昨年お母さんを亡くす。しっかり生きていこう!
 
「お手伝いしたい」 控えめな印象だった彼女。
積極姿勢に目を見張る。

            母直伝
S-P1120104.JPG - 37,965BYTES
お母さんから教わった手作りのパンケーキ。
とても好評。コーヒーにとてもよく合いました。

   事故応援 泊まっちゃいました

S-P1120100.JPG - 35,535BYTES
     青木         前田
偶然事故に遭遇。応援していただいたお二人。 

青木さんは東京北区中里から。内科のお医者さん。
今回はいろいろアドバイスいただきました。

ご自身は病気で10年間も入院されていたそうです。
「医者の不養生?」 「いや薬の副作用です。」
長年続けていた薬をやめたら良くなったとのこと。
医者の生の声。両刃の剣。薬のこわさを知る。

前田さんは横浜市の港北区から。事故第一報いれていただきました。相手の話に静かに耳をかたむける。
おだやかな語り口。 


               30日(日


     レギュラーの予感

S-P1120121.JPG - 48,180BYTES

ドクター青木薪割り挑戦!人見知りしないタイプ? 
皆にとけこむ。体調不十分
ながらも、健康回復への
強い姿勢!

       はるみちゃんも挑戦

S-P1120132.JPG - 47,513BYTES

ミケニャンニャンがやさしくフォロー。皆温かく見守る。 「やったー」片岡さんの大きな声。時々歓声が丸太ストック置き場まで聞こえてきました。


    今日の自己ノルマは10往復

S-P1120138.JPG - 47,198BYTES

 丸太の一時保管場所まで片道約300m。
 一回平均約30kg。 300kg? 
 力量以上に夢中になる傾向あり。
 一人で担ぎ上げるのに一苦労。
 翌日はしっかり両腕に筋肉痛。  ボッカ頼


    恐縮 ありがとうございました

S-P1120144.JPG - 46,158BYTES

鳥取県から見えた桑本夫妻と友人。丸太運びに
興味深々。 「運びましょうか?」
声をかけていただいた。

「あなたも何か持って!」 ご主人にしっかり指示?
3人それぞれ適当な大きさの丸太を小屋まで
運んでいただく。 嬉しくて疲れが吹っ飛ぶ。
快活な笑顔。人生謳歌。後姿が素敵でした。
元気に
鍋割山へ。


         完璧リリーフ

S-P1120111.JPG - 41,299BYTES

なっちゃん不在。当然のようにみっちゃんに救援要請。
力量は折り紙つき。てきぱき。機を見るに敏。 
朝、皆が起きてきたと見てとると7時前には朝食を。


      沢田さんはバック職人?

S-P1120115.JPG - 44,057BYTES

カメさんの友人沢田さん。昨夜泊まっていただいた。
すっかりお馴染みになりました。
めずらしい箱型のバッグ。
何所で買ったんですか? 「自分で作りました」
ブルーの明るい色。 見た目も素敵。
器用さにビックリ。 いるんですよね世の中には。
こういう凄い人が!


        顔の広さに脱帽!

S-P1120147.JPG - 36,705BYTES

「あれ おじさん何でこんなところにいるの?」
「友達に会いにきているんだ。ひげさんに」
雲取山山荘で顔なじみ?片岡さん。元気な若者達から声がかかる。明るいお祭り男は何所でも人気者。


      壬生の屯所から出張?
 
S-P1120151.JPG - 46,485BYTES

 近藤局長も了解!公用外出? としぞー君。
プロパンガスを荷揚げ。一服すると直ぐに丸太運びに。

バーベキュー大会参加! 申し込み一番乗り。
                    
        帰路、雨が降り出す
S-P1120152.JPG - 49,781BYTES

                                      16時56分  富士見平


                        4月3日(木)

                 荷揚げスケッチ                                     
                             
ボッカ頼
        
             
           
 一気に加速

S-DSC_2682.JPG - 142,963BYTES
                          秦野戸川公園

          桜もピーク
S-DSC_2673.JPG - 41,628BYTESS-DSC_2696.JPG - 32,495BYTES

    秦野戸川公園水無川沿い               「 ようこそ丹沢へ」 桜も満開  大倉バス停

  3月30日

    チャンプ愛車公開?

S-DSC_2654.JPG - 24,950BYTES
                      大倉食堂前
  
      歌謡曲大好き
S-DSC_2656.JPG - 29,028BYTES

 荷揚げに携行 デジタルラジオ。
 ワンタッチ、直ぐに電波を捉える優れもの。
 NHKラジオ深夜便を聞きながら・・・

 塔ノ岳登頂  今年91回  累計 2626回

                    
 4月3日
      
   お父さんとの思い出に

S-DSC_2723.JPG - 26,730BYTES
                龍比古君       お父さん

鎌倉から来た石神親子。見晴茶屋前で会いました。
龍比古(
たつひこ)君は初めての塔ノ岳。お父さんと一緒にヤビツ峠経由、塔ノ岳から下りてきました。
日帰り登山。

龍比古君 「どうでしたか?」
    「 下りで疲れた!」 
「花立の長い階段、大変だったでしょう?」 
    「 はい 」 
笑顔でやさしく見守るお父さん。

スナップ写真。

   「ありがとうございました」

礼儀正しい小学校6年生。誠実なお父さん。


 堀山の家   クロスワードパズル

         第5回 解答   (12回予定

      
@ア A    Bド
C  D         
E            
F            
G      H   


堀山の家の仲間達の名前は赤で表示しています

  一部の方は
ボッカ頼の「堀山の家交友録」プロフィール
   ご紹介させていただいています。ぜひご覧下さい