ちょっぴり変わった山小屋

      
 堀山の家ホームページ
      小屋近況報告
生い立ち



       きっかけ

平成13年3月。31年間勤めた会社を退職し、傷めていた腰のリハビリで丹沢を歩きはじめました
。  
                     
               
                  頼兼
  

        出会い

平成13年10月頃塔ノ岳からの帰り、小屋の前で偶然素敵なリースを発見。 小屋に入り、おとうさん、ひげさん&なっちゃんと出会いました


           オーナーの荷揚げの手伝い



  10年かけて手作りの小屋作った生粋の山男 
   愛称 おとうさん 故 高橋 仁美オーナー

                 平成16年4月6死去

何故か?波長が合い、いつの間にか荷揚げを手伝うようになりました。 最初は私の傷めた腰を心配し、
なかなか重い荷、持たせてくれませんでした。
荷は必ずマジックで重さを表示。過重へのおとうさんの目がひかっていました。
毎週1回の荷揚げ。少しづつ重い荷持つようになりました。自然と腹筋、背筋が鍛えられ、腰の痛みがいつのまにかなくなっていました。
 私が初めてプロパンガスを自分の意思で荷揚げした時のお父さんの怒ったような、嬉しそうな顔を今でも忘れられません。 
その時からお父さんは何も言わなくなり、私は堀山の家の一員を強く自覚するようになりました。毎週携帯でその週の荷揚げ情報をやりとり。お父さんの声がいまでも耳に残っています。


   



    



「 平日荷揚げしている頼兼という人がいるらしい」
「  ・・ 会ったことないけど・・・ 」

小屋の常連にすこしづつ名前知られるようになりました。しかし皆さんとお会いする機会はほとんどなく、
いつも小屋の様子知りたいと思っていました
。  
 
 
 


   ひげさんとなっちゃん


私は荷揚げで毎週小屋に行っていました。
しかしほとんど平日の荷揚げだったため
最初は二人と会う機会が少なく、2〜3ケ月間一度も
会わないのはざらで、半年ほど会わなかったこともありました。
        夜の荷揚げ



       ボッカ頼     ひげ  なつこ

                       平成16年1月

荷揚げで夜到着。
ひげさん、なっちゃん久しぶりの再会。つかの間の楽しい会話。 翌日仕事でまた直ぐに下山。 
ピンボケ写真ですが、当時の雰囲気がとてもよく出ていて貴重な写真です。 旧ストーブも納まっていて、
後の雑然とした様子は今ではとても懐かしい。
小屋の皆さんのおかげで、今はすっかりきれいになり隔世の感があります。
 

      堀山の家HP 開設

  お父さんの病気入院がきっかけ

平成13年おとうさんが病気で倒れ、入院しました。
奇跡的に回復。一時堀山復帰果たしましたが
平成14年再入院。病気の関係で面会が禁止となり
お見舞いに行っても、会えなくなりました。
ひげさん、なっちゃん、カクさん、大目付等ががんばって小屋を維持していること。何とかお父さんに小屋の様子を伝えようと、写真とかんたんな文章で
小屋のホームぺージを作ること提案しました。

カクさんが即賛成してくれ、毎週小屋を開けてくれている、ひげさん&なっちゃんの協力を得てHP取り組む
ことに。

  2005年01月15日         
    HPスタート          



平成17年1月から、小屋の様子を
写真とかんたんな文章で編集、HP堀山の家「小屋近況報告」を作り、
入院したお父さんへ毎週送り続けました。
平成16年 4月お父さんは亡くなりましたが、小屋仲間の協力を得て現在まで続いています



      力強い応援者 カク

100_0025.JPG - 9,224BYTES

 全面的に協力してくれた大番頭カクさん

プロの編集者でもあったカクさんは とにかく仕事が速い。 いろんな依頼にたちどころにメールで答えてくれた。
HPを毎週配信できたのは彼の力に負うところ大。 今でも感謝の気持ちで一杯です。

 情報はメールと写真。
 ひげさん宅訪問で情報入手



ボッカ頼荷揚げを担当していましたが、仕事の関係で平日週1回〜2回。 

小屋は土日営業。そのため小屋の情報は
平塚の自宅が近かったひげさん、なっちゃんにもらい、カクさんからメールで必要な情報、コメントもらいボッカ頼が校正する方法をとっていました。

そのうちプロフイールでもご紹介しているたくさんの方たちからもメールを中心として情報といただけるようになった。        

              

 
目標は楽しいホームページ 

 毎週 小屋の様子を配信





                 第一回の記念作です



◇今週の出勤者 1月7日(金)〜1月10日(月)

     ひげ&なっちゃん 
     亀さん (7日〜日9日)
     角さん (9日) 小野里(9日) 

◇今週のお客様
 

 宿泊  8日(土)〜10日(月)
            柴田 塩見
      9日〜10日
           中村屋加藤  ひげ加藤
           柿本      片岡    
           安藤( 新人 )

◇今週の荷揚げ

  1月 7日  ビール2ケース
 
 1月11日 小屋改装用 材木
        (2m30センチの長物に苦戦)

 「 いつも荷揚げしていますね。見ていますよ
  ご苦労さま 」初老の男性登山者から
  声をかけられる。      感激! 
 
             非常勤ボッカ担当 頼兼

◇メモ...                          

   素晴らしい 日の出 日の入りでした     
    
   素敵な写真ありがとうございます        
                  撮影 塩見さん

   角&柴田 駄洒落が炸裂 爆笑の 渦  
   「 何でこんなに楽しいんだろ?」    
   おじさんパワーになっちゃんも
   あきれ顔            

   土曜日は夕焼けがとても美しく その後
   雪 になり  穏やかな週末でした    

   堀山に強力新人 助人現る!
  
   不足気味の薪割り作業を行う   
   
新人の安藤さんが材木運びに参加。 
    3mの丸太を軽々担ぎ上げ      
   皆の度肝を抜く !!           
   ついた尊称 「 北海の熊 」       
   二又に出没した熊も、怖くて     
   堀山には近寄れないでしょう 


    
 堀山のおとうさん

  小屋に来た馴染みの方は、皆さん 
  
「お父さんは?」 と必ず聞かれます
  
  
お父さん 早く元気になって戻って
  
  来てください!
        
       
  
 
   小屋一同 待っています。

TAKAHASI 096.JPG - 13,095BYTES
   
    オーナー 高橋 仁美


 ホームページ開設
S-DSCF0047.JPG - 15,251BYTES

 小屋前から撮影      日の出     撮影 塩見


DSCF0048.JPG - 16,705BYTES

小屋前から見える富士山

DSCF0063.JPG - 26,835BYTES

   日没 燃えるような夕陽      小屋前から
                       撮影 塩見





DSCF0064.JPG - 36,609BYTES

夕焼けに染まったみんなの笑顔、あたたかい仲間達