ボッカ駅伝 2008年06月01日

@ 競技説明 大会ルール


  第22回  丹沢ボッカ駅伝競争大会 


この大会は、ボッカ(歩荷 )の名のとおり、小石を詰めた荷物をたすき代わりに、丹沢の麓から山頂を目指し、その健脚を競うというユニークな山岳競技です。
ボッカで運び込まれた小石を登山道の補修に利用するなど、豊かな自然を愛する心を培い、その輪を広げている大会です


1  服装   服装・靴・杖の使用は自由とする


2  負荷
          @ 重量

              Aクラス      20kgの小石袋 2個
  
             B1.B3クラス   20kgの小石袋 1個

              Cクラス       10kgの小石袋 1個

          
  A 小石は大会本部が準備
        B 背負子/ザックの重量
は加味しない
       C 背負子/ザックは各チームで準備する

 

クラス

ボッカ重量 選手資格

 

A 40kg 18才以上の男子   
B1 20kg 18才以上の男子、女子(男女混成も可)   
B3 20kg 男子高校生  
C 10kg 15才以上の女子

 


大会本部前 健康診断コーナーの看板も



21回大会から心臓トラブルの救命器具AEDも用意されている。
各中継点に医師と看護士が待機。万一に備える。
過去21回大会、一度も大きな事故はおきていない。
選手の高い意識と関係者の並々ならぬ努力のお陰だ。

 

3  荷造   途中で荷崩れしないように背負子/ザック等で確実な荷造をしてくだ   
            さい

 4  競技方法

      @ 一人一区間とする。ただし、選手が競技続行不可能の状態になった場合  
        は、区間の途中であっても次区間の選手のみにタッチし競技を続行すること 
        ができる。なお競技続行不可能になった選手が回復しても競技への復帰は
        出来ない

      A 荷物受け渡しの補助は認める。

      B 全クラス同時スタートとする。

      C スタート地点および区間中継地点は次の場所とする





      県立秦野戸川公園   スタート  9:00 

                         
大倉バス停前 標高 290m
) 
 

  ▼   1区 (2,707m)・・・・・人里から山へのいざないの区間

 
 
                       見晴( みはらし )茶屋 
(標高 610m)

  ▼   
2区 (1,241m)・・・・木漏れ日と山の匂いに包まれる区間  
 

                         駒止( こまどめ )茶屋 (標高 900m)


  ▼   
3区 (1,054m)・・・・・新緑のトンネルを潜り抜ける区間  

                          
堀山( ほりやま )の家 
(標高 950m)

 ▼   4区 (1,185m)・・・・・初夏の日差しが体一杯にふりそそぐ 

                        花立
( はなたて) 山荘前 
(標高1300m)

 
競技方法  一人一区間 4人のリレーで行う

 ▼制限時間  9時大倉スタート 〜 ゴール地点 (花立山荘前) 11時30分
                                         競技打ち切り !
 





        スタート一時間前   
選手自分の走る中継点へ登っていく

IMGP2317.JPG - 36,118BYTESIMGP2309.JPG - 43,141BYTES


 5  制限時間  2時間30分(11:30競技終了)


 6  失格行為

         @  他の選手を妨害した時
         A  ゴール地点で規定重量に達しない場合 
         B  一般登山者に対して暴言をはいたり、突き飛ばしたり 
             した場合 

                DSC_0041.JPG - 11,101BYTES   DSC_0038.JPG - 8,595BYTES

7  途中棄権
        @ 途中棄権する場合は小石の袋を登山道の脇に置いて、
             必ず近くの役員に連絡する

          A チームの責任者は本部(スタート地点)に届ける

8  表彰等
           @
 各クラスの上位チームに表彰状と記念品を授与する
           A 各クラス各区間の最高記録者に区間賞を授与する
           B ラッキー賞は多数用意する
 
           C 大会記録は当日各チームに配布する