大会前日 6月4日(土)



        
ボッカ駅伝、もうひとつの楽し  



       大人気  トン汁コーナー 前日準備

           



       (左 から)  荻野  青木  井上  吉田さん 

      いずれも
 湘南山岳会、丹沢山岳会に所属した山の先輩達         

私がトン汁おばさんになったのは第7回大会からです。 前日から数人で野菜を切り、下ごしらえをします。
数年前には地元の町内のお母さん方にお手伝いただいたことを思い出します。 当日は朝4時起きをして、
大きな釜に野菜をいれ、火入れをして煮込みます。 選手の皆さんが山から下りてくるのを楽しみに待って
いました。今年は一般の人にも煮上がったトン汁を味わっていただきました。
山から下りてトン汁を食べる選手の皆さんの姿を見ると、今年も無事に終わったと、ほっとした気持ちになります。


                                         実行委員(トン汁隊)  青木 絹代




              トン汁1000人分材料  
 



 大根 50本     たまねぎ 40k  
 ごぼう 20kg   ねぎ20k
 じゃがいも  15kg
 にんじん   30kg

 こんにゃく 100枚
 みそ 20kg 
 豚肉 25kg









       前日仕込み。 たくさんのボラテイア。皆さん山の先輩です



               災害時に使用する大なべを町から借用



環境にも最大限の配慮。 大量のゴミはコンテナで大会終了後直ちに処理。



      今年も見晴茶屋の皆さんを中心にしてたくさんの方に手伝っていただいた。
       年に一度皆に会える 楽しい再会の場でもあるそうだ。

          





          大会当日 6月日5日(日)





         第25回記念
   ボッカ駅伝競走大会



                    





                      ボッカ駅伝の朝    秦野戸川公園前  



   
        くず葉学園の生徒さんも花壇作りに参加。  みごとな サルビアとマリーゴールド

     
                                 



スター地点の大倉屋前。   静かにスタートを待つ

              


  
    大会で使用する小石の入った袋 10kgと20kg。参加チームが取りにくる。
     90チームの受け取り表も用意。  記録していく。



            7:00    乙女倶楽部の面々が受付へ
           







                        受付開始

   



      受付開始は7時から



  医師 原田 俊隆さんも大会役員 




          登録にきた武田夫妻。 共に選手として出場。  素晴らしい! 
  

              
201麦酒倶楽部@女子 1区 
                   006麦酒倶楽部@男子 4区





        サポーター 岡さん  監督の逢坂さん   第1区 出場  村山さん

          初出場 見晴  B1 20kg に出場。   男女混合チーム
      


                野澤       東   早川       小澤

      神奈川県山岳赤十字奉仕団の皆さん。  選手の怪我 救護など対応。
     またスイパーとして選手の最後尾につき 大会のスムース運営に協力。




 烏合のメンバ 先頭 福澤 山崎 尾ヶ瀬  大野    最後尾 金さんチーム 金



 烏合 066−1 山崎降行   金さんチーム 034−1 帳 宝征 

同じ会社の仲間です





 初出場  乙女倶楽部  底抜けの明るさ。  大旋風の予感!    (右) 女将が強力サポート!!





女将のネット仲間グループ。 今日は乙女倶楽部の応援



       やぱり出ました。 チャンプ畠山 ハンサム団B 053−3で出場





                         開会式




   8時  開会式始まる。  2区・ 3区・ 4区の選手はすでに担当区へ出発しているため 人数は少ない。  




            選手宣誓

     秦野  古谷市長